電気関係学会四国支部連合大会(2015/9/26)

高知工科大学(高知県香美市)で開催された 電気関係学会四国支部連合大会にて、M1 小松、毛利、B4井上、榮口が日頃の研究成果を発表しました。
– 榮口眞紀雄、”商用FPGAのチップ間性能ばらつきに関する実験的評価”
– 小松達也、”高位合成における文字列処理の高速化手法に関する一検討”
– 毛利真崇、”複数のFPGAを用いた粗粒度再構成可能アーキテクチャのプロトタイプ実装”
– 井上智哉、”粗粒度再構成可能アーキテクチャのための評価環境開発”

sjciee2015_2